スタッフインタビュー

インタビュートップに戻る

2014年新卒入社 事業開発部 M.Yさん

アルバイトを始めてわずか1カ月でリーダーに就任。責任のある仕事を任せてもらえることが原動力に。

ここでアルバイトをしていた大学4年の時、すでに放射線技師として病院の内定が決まっていました。「エイチームコネクトの社員にならないか?」という話が持ち上がり、さんざん悩み抜いて、この会社への就職を決心。「毎日来たい」と思える大好きな職場だったことと、アルバイト時代に重要な仕事を任せてもらえた経験が決め手でした。
アルバイトを始めてまだ1カ月の頃、出勤回数と受注件数が認められてリーダー候補に。それが刺激になって努力を重ね、リーダーに就任させていただきました。がんばった分だけ評価してもらえる制度や、勤続年数・経歴に関係なく責任のある仕事をさせてもらえることが原動力になっています。

リーダーを経験することで初めて芽生えた、人を育て、成長を見守るという喜び。

個人の目標を追いかけるアポインターから、チームを率いるリーダーへ。
新人アポインター達を育て、チーム全体の受注件数を増やすという課題が与えられました。電話の話し方のコツや扱う商材の知識など、自分の経験で得たことを教え、彼らが目覚ましく成長していく様子を見るのが、こんなにうれしいとは思わなかったです。また視野が広がることで、会社に貢献できることも増えました。
例えば、商材が変更された際、アポインター全員が情報を共有できる掲示板の新設を提案。すぐシステム化に取り組んでもらえ、運用に至りました。その時の「自分の意見が会社を動かしている」という手ごたえが、今の私を支えています。

現在は新設の事業部を軌道にのせるべく奮闘中。常に新しいことに挑戦できる環境が刺激に。

入社後は、開設されたばかりの事業開発部で分析業務に取り組んでいます。
引越しをされるお客様の動向や、受注率の高いエリアなどをリサーチし、売り上げアップに役立てるための業務です。それ以外にも、コールセンターの現場で困っていることや問題点を見つけ、システム部に改善を促す機能も求められています。今までなかった部署のため、自分たちが社内でどう立ち回るべきか試行錯誤の状態。私はアポインター時代に学んだ知識を生かし、新しい企画をどんどん立ち上げて事業部を成長させていきたいと思っています。
常に新しいことにチャレンジさせてもらえる日々は、めまぐるしいけれど充実しています。

採用に応募する

ページトップへ