スタッフインタビュー

インタビュートップに戻る

2013年中途入社 事業開発部 M.Iさん

お客様の声を聞く現場にいた経験が、新規事業のヒントをもたらしてくれた。

新しい商材や企画を事業化するヒントになるのは、お客様から日々コールセンターに寄せられる声です。僕が携わった新規事業もそう。お客様のご要望や疑問、不安…その一つひとつに耳を傾け、ビジネスとして成立する可能性に着目したことから始まりました。
とはいえ、僕はアポインター出身。営業のスキルは磨いてきましたが、新規事業立ち上げのノウハウはほとんどありませんでした。既存事業と違って前例のない商材なので、難易度の高いチャレンジになります。しかし、現場を経験してきたからこそ、お客様に寄り添ったサービスを生み出せる--。そんな自信が背中を押してくれたんです。

高い目標を掲げ、労力を費やしたからこそ、今まで味わったことのない達成感を得られます。

お客様のニーズがあると判断した商材を、どういう営業スキームや業務フローで事業化していくか。つまり、売り方をゼロから構築するのが僕に与えられたミッション。まずは簡易的なPLを作成し、達成すべき目標を決めます。それに対して何が足りないか列挙し、実際にお客様に電話をして需要を探りながら、入念にテスト運用を繰り返しました。同時に、提携業者様への交渉や、コールスタッフの指導も必要です。自分の手が離れた後、誰がやっても結果を出せる再現性の高いマニュアルの作成にも取り組みました。
そうやって高い目標を掲げて世に送り出した事業が、目標をクリアした時の達成感は、今までに体感したことのないものです。

自分のノウハウが多部署で活用され、発展していく。この喜びが、新しい発見をもたらしてくれた。

新しい営業スキームや業務フローを構築するという経験は、思いがけない発見につながりました。他の事業部でノウハウが応用され、目標達成のキーポイントになる事例が生まれたのです。自分の事業を成功させるのとは違う喜びを知り、「みんなにとってプラスになるか」という視点で物事を判断できる力が身についたと思います。いずれは、事業部の垣根を越えて必要とされる存在になれたらうれしいです。
エイチームコネクトの魅力は、経歴や年齢を問わず誰にでも新規事業に挑戦できるチャンスがあることです。受験勉強や部活など高い目標にトライしたことがある人。何度失敗しても「絶対にやり遂げてやる!」という気概のある人なら、きっと手ごたえを感じられるはずですよ。

採用に応募する

ページトップへ