スタッフインタビュー

インタビュートップに戻る

2013年中途入社 経営企画部 K.Sさん

新しいビジネスモデルの構築・業務改善を通じて、それぞれの事業部を支えているという実感。

エイチームコネクトの各部門では、今までにない新規事業、既存事業の改善案が次々と生まれています。そのビジネスモデルを構築したり、分析・効率化したりして現場に戻し、スムーズな運用をサポートするのが僕の仕事です。例えば、コールセンターに新しいコールシステムを導入するとします。まずは現場のオペレーターにヒアリングし、現状の問題点や必要な機能をリサーチするところから着手します。それに基づいて事業計画の構想を練り、システム開発や法務、経理などと連携しながら、実現可能な事業へと築き上げていきます。
現場で活躍する仲間たちを、裏から支える大事なポジション。そこには、体験してこそわかる魅力があります。

現場の裏側から、チームワークの楽しさや会社に貢献できる喜びを分かち合えます。

経営企画の仕事は、すべての事業部と密接に関わっています。さまざまな立場の人と意見交換し、メンバー全員でひとつの目標に向かって施策を推進していくのは、「楽しい!」の一言。さらに事業を軌道に乗せ、実際に数字として成果が現れた時、会社に貢献できたという大きな達成感を得られます。
一方で、すべての事業部の現状を把握しなければならないというプレッシャーも。それぞれの事業部の目標や、不足している点をさまざまな角度から観察し、客観的にジャッジすることが求められます。また、新規開拓が必要な事業では、未知の世界へ踏み込むことも少なくありません。収益化までの道は難易度MAXですが、挑戦意欲をかきたてられますよ。

コールセンターの経験は一生もののスキルに。当事者意識を持って仕事に取り組めます。

この仕事に欠かせないのは、探究心と柔軟な思考力です。当たり前だと思っていることも、視点を変えると画期的なアイデアにつながることがあります。僕自身、常日頃からあらゆることに疑問を持ち、自分なりに仮説を立てて思考することを習慣にしています。
また、入社後に配属されたコールセンターで学んだことが、今の自分に活かされているんです。それは、人と対話することの奥深さ。現場の人の立場を理解し、当事者意識を持って仕事に取り組めているのも、そのおかげ。担当した事業部が目標を達成できたら自分のことのようにうれしいし、困った時に頼ってもらえると仕事冥利に尽きます。すべての事業部にとって必要不可欠な存在になることが今後の目標です。

採用に応募する

ページトップへ