スタッフインタビュー

インタビュートップに戻る

2014年中途入社 エアコン事業部 G.Eさん

入社早々からチームを束ねるポジションに。揺るぎない意思で「目標110%達成」を有言実行!

学歴や年齢を問わず、自身の能力で裁量が持てる企業で働きたい---。飲食店、広告業界、自動車業界…さまざまな企業を経てたどり着いたのが、この答えでした。希望していた通り、入社初日からアポインターのアルバイトをまとめる立場に。現場の仕事やスタッフ教育はもちろん、事業部に関わる管理業務や法人対応など幅広く経験させてもらいました。そして2年目でエアコン工事グループのリーダーに就任し、現在に至ります。
大きなビジョンを掲げて転職したからには、結果を出さないわけにはいきません。自分の気持ちに負けないように「事業部目標、個人目標ともに110%達成」を宣言し、常に有言実行してきました。

最も難しいのは、チームのマネジメント。1人ひとりのモチベーションをどう高めるか。

目標110%達成を追いかけていると、常に100%達成できるようになるものです。モチベーションを維持するために大切なのは、目標を高く設定すること。それをネガティブに捉えず、楽しむことだと僕は思っています。
コールセンターの仕事は、はじめは同じことの繰り返しのように思え、目標を見失いがちです。だからこそ、しっかりとした行動指針=ビジョンが必要なのです。当社では、メンバーに「半年後、1年後、3年後はどうなりたいか?」を考えてもらっています。例えばリーダーになりたいとか、車を購入したいとか何でもいいんです。目標に向けて頑張ることの意義を見出してほしい。やり遂げたときの達成感を味わってほしいと思っています。

チームが一丸となって目指すのは、業界を変えることができる影響力を持つこと。

家庭用エアコン工事の業界においては、僕たちはまだまだ新参者です。だからこそ、新しい視点や習慣に捉われない発想で、事業に取り組むことができます。それをふまえて現状の問題をクリアした新しいサービスを生み出せば、業界を先導するチャンスがたくさんあるはずです。お客様と工事業者、双方へのメリットを考えたシステムや料金体制を構築し、コールセンターとWebサービスを活用したエアコン工事受注のシェアを拡大していきたいと考えています。
「業界の体質を変えることができる影響力を持つこと」。これは僕個人が目指す姿であり、事業部全体の大きな目標でもあります。さらに一致団結して推進力のあるチームを築き上げ、必ず有言実行したいと思います。

採用に応募する

ページトップへ